TAG

いじめ

旭川14歳少女いじめ凍死問題‐許すな教育委員会の隠蔽

北海道旭川市で2021年3月、当時14歳の少女が凍死しているのが見つかった。あきらかにいじめに起因していると見られているが、学校や教育委員会はいじめの事実について否定している。 PTSDを引き起こした2年前の事件 少女に対するいじめは、2019年4月から始まったとされる。イジメグループにより日常的に暴力をちらつかせられ、いじめを受けるようになった。2019年6月にイジメグループにより煽られウッベツ […]

恐ろしい韓国の学校内暴力といじめ、苦しむ若者の実態

ぼくは学校に行くのが怖い。ぼくは勉強もできないし、誰にも好かれていない。学校に行くくらいならいっそのこと死んでしまいたい。でも親のこと考えるとできない。 告白したK君は中学一年、クラスメイトにいじめられてきた。所持品を取られたり口頭でのいじめは月日を追うごとに激しくなっていった。 誰にも打ち明けられず、うつ状態になり進級もできずとうとう当校拒否になった。親に注意され逆ギレを起こし暴力を振るうように […]

女子校は女の子の将来にマイナスと唱える校長に批判殺到

女の子を女子校に通わせると成績は良くなるかもしれないが、のちに社会に出た時に男子との接し方がわからなくて苦労し大きなハンデになるでしょう。 これを唱えたのは、イギリスの名門ブライトン校の校長リチャード・ケアンズ氏。 女子ばかりはいじめの温床 ケアンズ氏は、子どもの頃に自然に男女共にコミュニケーションが取れる環境が重要であり、お互いの良い点を認め合ったり尊敬したりすることも大切。女子ばかりになること […]

『いじめ保険』で注目される韓国のいじめ事情とその背景

約4年前にメディアで注目された韓国の『いじめ保険』。その後何か変わったことがあったのでしょうか。ヒントになりそうな情報をいくつかご紹介します。 いじめが全くない社会は存在しないのかもしれませんが、韓国のいじめについての情報量は、国の大きさから見ても他国を圧倒しています。『いじめ保険』で一躍注目された2012年以降に改善されたと思われる情報は残念ながら見当たりません。 『いじめ保険』は4年前に始まっ […]

いじめを苦に整形する子どもたち、支援するアメリカ流解決法

アメリカでは、子どもが整形するケースが多数報告されています。子どもが整形手術? それは、いじめが要因となっているのです。 やーい、おっきな耳! 変な鼻! 子ども同士でこんな言葉を浴びせることが頻繁に起こると、それがいじめとなっていくのです。子どもは、容姿が他と少し違うことに対して過剰反応するものです。 言われた子どもは深く傷つき、やがて登校拒否や引きこもりに発展していくケースもあります。アメリカで […]

速報!! あのレオ君が2015年度、英国アカデミー賞を受賞!

レオ君のドキュメンタリー「I am Leo」が今年度の実写部門で英国アカデミーチルドレン賞を受賞しました。 レオ君といえば、女の子に生まれ、性同一障害を母と共に乗り越えた少年。一昨年の秋にイギリスCBBCテレビでドキュメンタリー番組「I am Leo」が放映され、レオ君のポジティブな生き方が性同一障害に悩む子どもたちを励ましました。 受賞が発表されステージに向かうレオ 照れながら喜びの挨拶をするレ […]

8歳の少女、生徒の嘘の証言でスクールバス降ろされ警察に拘束

スクールバスで帰宅途中の女子生徒がバックパックに化学薬品を持っていると疑われ、バスを降ろされ警察の尋問を数時間にわたって受けるという事件がアメリカで発生しました。 他の生徒の嘘の証言を添乗員が信じる 他の生徒の嘘の報告を鵜呑みにしたスクールバスの添乗員が警察に通報したためです。警察が現場でバックパック内を調べ何も入っていないことが確認されたにもかかわらず警察署まで連れて行かれたというのです。 アメ […]

子どもをポジティブで優しい性格に育てるための7つのヒント

幸せになってほしい。健康でいてほしい。成功者になってほしい。どの親も子に望むことは同じです。それを実現する方法は、子どもに「自信」を持たせることです。 二人の教授がまとめた7つの方法をご紹介します。子育て情報サイトのエキスパートである心理学のルートヴィヒ教授(Dr. Robi Ludwig)は、子どもがばかにされたり傷ついたりすることは誰にでもあることで衝撃的ですが、自分に自信のある子どもなら打ち […]

いじめ体質は「遺 伝 子」によるという衝撃的な研究結果の根拠とは

イギリスのキングズ大学ロンドン校(Kings College London)において、いじめに関する調査研究班が発見したことによると、いじめは遺伝による可能性が高いということがわかったとのことです。 どんな研究? 研究班は、2116組の9歳から10歳の双子の兄弟を対象に、いじめの経験について調査しました。ひどいいじめを受けた経験があったのは12%。逆に、常習的にいじめた経験のある子どもたちの割合は […]

自分たちの手で「いじめ」を追放しよう!立ち上がった中学生たち

アメリカ、イリノイ州北西部に位置するゲイルスバーグのロンバード中学校(Lombard Junior High School)で、学校内で起きている「いじめ」対策に、生徒たち自らが立ち上がり、対策委員会を設置しました。 立ち上げたメンバーはどんな生徒? アメリカのサイト情報誌Tri States Public Rasio(2015/05/02)によると、対策チームの名前は、「Take A Stand […]