CATEGORY

BULLY いじめ 虐 待

『いじめ保険』で注目される韓国のいじめ事情とその背景

約4年前にメディアで注目された韓国の『いじめ保険』。その後何か変わったことがあったのでしょうか。ヒントになりそうな情報をいくつかご紹介します。 いじめが全くない社会は存在しないのかもしれませんが、韓国のいじめについての情報量は、国の大きさから見ても他国を圧倒しています。『いじめ保険』で一躍注目された2012年以降に改善されたと思われる情報は残念ながら見当たりません。 『いじめ保険』は4年前に始まっ […]

いじめを苦に整形する子どもたち、支援するアメリカ流解決法

アメリカでは、子どもが整形するケースが多数報告されています。子どもが整形手術? それは、いじめが要因となっているのです。 やーい、おっきな耳! 変な鼻! 子ども同士でこんな言葉を浴びせることが頻繁に起こると、それがいじめとなっていくのです。子どもは、容姿が他と少し違うことに対して過剰反応するものです。 言われた子どもは深く傷つき、やがて登校拒否や引きこもりに発展していくケースもあります。アメリカで […]

世界中の子どもを整形手術で救うアメリカのNPO法人

『Little Baby Face Foundation』というニューヨークにあるボランティアの医師たちで運営されているNPO法人。生まれながらに身体に障がいや不具合があり、経済的に処置を施せない家庭環境の子どもたちに対し医療費の全面的な支援を含めた治療を施す団体です。 厳正な審議により手術は決定される 2002年に設立されて以来500人の子どもたちの手術を行いました。生まれつき顔に障がいがあり、 […]

速報!! あのレオ君が2015年度、英国アカデミー賞を受賞!

レオ君のドキュメンタリー「I am Leo」が今年度の実写部門で英国アカデミーチルドレン賞を受賞しました。 レオ君といえば、女の子に生まれ、性同一障害を母と共に乗り越えた少年。一昨年の秋にイギリスCBBCテレビでドキュメンタリー番組「I am Leo」が放映され、レオ君のポジティブな生き方が性同一障害に悩む子どもたちを励ましました。 受賞が発表されステージに向かうレオ 照れながら喜びの挨拶をするレ […]

白髪交じりの新郎に嫁ぐ12歳のウエディングに観衆が猛抗議

10代の少女が貧困などの理由で幼くして結婚を強いる児童婚が世界各地で今もなお行われています。中東レバノンでは女子の人口の6%が18歳未満で結婚、そのうちの1%は15歳未満とのこと。UNICEF(ユニセフ)が把握している数字によれば、昨年1年間に18歳の誕生日を迎える前に結婚した児童婚の数は、1,500万人に上るとされています。 あなたが遭遇したらどうする? 街角にウエディング写真撮影に来た一組の新 […]

8歳の少女、生徒の嘘の証言でスクールバス降ろされ警察に拘束

スクールバスで帰宅途中の女子生徒がバックパックに化学薬品を持っていると疑われ、バスを降ろされ警察の尋問を数時間にわたって受けるという事件がアメリカで発生しました。 他の生徒の嘘の証言を添乗員が信じる 他の生徒の嘘の報告を鵜呑みにしたスクールバスの添乗員が警察に通報したためです。警察が現場でバックパック内を調べ何も入っていないことが確認されたにもかかわらず警察署まで連れて行かれたというのです。 アメ […]

4歳児を家の前でひとりで遊ばせた母親「児童虐待」で逮捕される

アメリカ、カリフォルニア州サクラメントに住む母親が先月末、マンションの管理区域内の公園で4歳の息子をひとりで遊ばせたことで「重篤な児童虐待罪」に当たるとして警察に逮捕されました。 心配した近隣の住民が通報 ひとりで遊んでいる小年が誰かに連れて行かれては大変と思い、近所に住む女性が警察に通報したとのこと。 寝耳に水で憤慨する母親 母親は、マンションの管理区域内でフェンスに囲まれている場所だったので、 […]

【韓国】教師の虐待は数100年続く「教育的体罰」怖すぎる映像

韓国ではつい最近まで「愛のムチ」と称して教師が生徒を殴ったり蹴ったり棒でも叩いたりと、まるで虐待と言うべき体罰が教育の一環として行われてきました。 ネットで映像拡散から表面化 SNSで映像が公開されるなどで騒がれ始める最近まで続いていたという体罰は、見ると恐ろしく激しいものばかり。 隠し撮りをしたもの以外に、塾の講師が宿題をやってこなかった生徒に罰としてスクワットを40回強制しているシーンも。この […]

いじめ体質は「遺 伝 子」によるという衝撃的な研究結果の根拠とは

イギリスのキングズ大学ロンドン校(Kings College London)において、いじめに関する調査研究班が発見したことによると、いじめは遺伝による可能性が高いということがわかったとのことです。 どんな研究? 研究班は、2116組の9歳から10歳の双子の兄弟を対象に、いじめの経験について調査しました。ひどいいじめを受けた経験があったのは12%。逆に、常習的にいじめた経験のある子どもたちの割合は […]

自分たちの手で「いじめ」を追放しよう!立ち上がった中学生たち

アメリカ、イリノイ州北西部に位置するゲイルスバーグのロンバード中学校(Lombard Junior High School)で、学校内で起きている「いじめ」対策に、生徒たち自らが立ち上がり、対策委員会を設置しました。 立ち上げたメンバーはどんな生徒? アメリカのサイト情報誌Tri States Public Rasio(2015/05/02)によると、対策チームの名前は、「Take A Stand […]