バイリンガルの子どもは、問題解決能力が高いという研究発表

広告



2か国語の環境で赤ちゃんの脳がより発達する

 

幼い頃にふたつの言語を学ぶと、脳力が高まることが長い間知られている。

広告



研究者によると、2 つの言語にさらされた赤ちゃんの脳は、言葉を発する前にすでに影響を受け、複数の言語が話されている家庭や環境で育っただけで、問題解決能力や記憶力が向上するという。

以前の研究では、非常に幼い頃から 2 つ以上の言語を話すことは、子どもがより高度に洗練された認知能力を備えた大人に成長するのに役立つことが示唆されている。

 

生後 11 か月までにすでに影響を受ける

しかし、シアトルのワシントン大学の研究者による最新の研究によると、赤ちゃんが生後 11 か月の最初の言葉を発する準備が整うまでに、発育が実際に始まることがわかった。

ある実験では、「実行機能」として知られる脳の領域が、1 つの言語だけを使用する家庭よりもバイリンガル家庭で育った赤ちゃんの方が発達していることがわかった。

実行機能は脳の制御室であり、そこから脳の残りの部分を編成し、学習能力、問題解決、記憶、およびその他のスキルを向上させると、研究者は述べている。

研究はスペイン語と英語の16人の赤ちゃん

研究の対象としたのは、アメリカでは一般的なスペイン語と英語の両方が話されている家庭の赤ちゃん。英国の移民第 2 、第 3 世代は、アジア言語や東ヨーロッパ言語などと同時に英語を学ぶ可能性がある。

ジャーナル Developmental Science に掲載されたこの研究は、同大学の学習脳科学研究所 (I-LABS) の ナジャ・フェジャン・ラミレズ氏(Naja Ferjan Ramirez) が主導した。

ナジャ氏のチームの研究は、生後 11 か月の 16 人の乳児を対象とし、バイリンガルの家庭とモノリンガルの家庭半分ずつで行った。

赤ちゃんの脳の反応を調べる方法は、18分間の発話音を流し、それに反応した神経細胞の磁気変化を記録するという特別なヘッドセットを使用して監視した。

バイリンガルの赤ちゃんは、脳の前頭前皮質と眼窩前頭皮質でより強い反応を示し、主に実行機能を支配していた。

ラミレス博士は「これは、バイリンガリズムが言語発達だけでなく、より一般的な認知発達も形成することを示唆している。」と述べた。

1つの言語環境(モノリンガル)の赤ちゃん

共同研究者のパトリシア・クールは、「モノリンガルの赤ちゃんは、生後約11か月で音の知覚が狭くなる。生後6か月でうまく識別できた外国語の音を、もはや識別しなくなった。しかし、2 つの言語を聞いて育った赤ちゃんは、1 か国語しか話さない赤ちゃんよりも、新しい言語の音に対して「オープン」であり続ける。これは、脳の適応能力が高いということだ。」と語った。

この最新の研究は、脳機能とバイリンガルを調べた長い研究実績に基づいている。

10歳以上からの英語でも脳に変化

ケント大学の研究チームの昨年の発表によると、10 歳以上から第二言語を学んだ場合、脳の白質が変化する可能性があるという。その脳の部分は、言語学習と意味処理を行う領域にあたる。

この調査結果は、早い年齢で第二言語を学んだ場合ほど改善が見られたという以前の研究からの観察を反映したものだ。

研究者は、少なくとも 13 か月間英国に住んでいた 30 歳前後の 20 人の脳スキャンで調査した。彼らは全員、10 歳頃に英語を第 2 言語として学習し始めた。この研究では、脳の白質の構造が改善されていることがわかった (赤と黄色で示されている)。

彼らの画像分析は、英語のみを話す同年代の 25 人と比較された。

Image by PNAS (Daily Mail)

加齢をも防ぐ可能性

心理学の大学教授であるクリストス・プリア千カス教授の研究では、「日常的に複数の言語を操ることが集中的な認知刺激として機能し、言語に関連する特定の脳構造の完全性を維持することで利益をもたらす。したがって、加齢による劣化から脳をを保護する」と唱えている。

Source: Daily Mail