カルフォルニアのスクール、予防接種していない子どもを家に戻す

アメリカ、カルフォルニアのスクールでは、全員が予防接種をすることが州の法律で決められているため、予防接種をしないで登校した生徒を帰すという事態まで発展していることで波紋を呼んでいる。

広告



8月に新学期を迎えるアメリカでは、先週から新しい年度が始まった。そこで、予防接種を行わずに登校した生徒は、予防接種が完了するまで家に帰すということになったのである。

デイズニーランドの街で、麻疹が大流行したことから、すべての公立の保育園や小学校に通う子どもは予防接種を受けていることを義務化したのである。このようなルールのもと、実際に帰された子どもたちの数は、先週火曜日で5歳児の幼稚園児が72人、6歳から上の小学生で73人であった。

金曜日になっても欠席している子どもの数は5歳から小学生合計で98人にものぼるという。
麻疹が大流行したのは、昨年だがその7月には法律ができていたという。宗教上の理由や正当な理由があれば免除されるということであるが、全員が守るのは至難の技である。

Source: patheos