POVERTY 貧 困  

  1. フィリピンの児童労働、子どもたちの命を危険にさらす最悪な環境

    ILO(国際労働機関)のフィリピンの児童労働の統計によると、2011年時点で5歳から17歳の児童労働者数は2万1,000人。そのうちの95%は危険な現場にいる。そして69%は最低賃金未満で働かされているということである。フィリピン国内のNS…

  2. 子どもの奴隷労働、チョコレート会社が訴訟になっても増加の一途

    2015年9月、世界一のチョコレートメーカーHershey(ハーシー)・Mar(マーズ)・Nestl…

  3. 192キロの世界一太っている少年、呼吸もままならずダイエットを決意

    インドネシアのアリヤ・パーマナくんは、10歳にして192キロの体重という世界一の太った少年だ。もはや…

  4. 子どもの教育・キャリア支援「カタリバ」に企業が続々コラボ

    2011年に発生した東日本大震災。その支援の多くが、物資の供給であった中、子どもに教育に手を差し伸べ…

  5. 東日本被災地で母と子を温かく支援し続ける団体「マザーリンク」

    東日本大震災から5年、この春新たに小学校へ入学した子どもたちがたくさんいる。5年前の震災の年、入学式…

  6. インド「泣きじゃくる児童婚の儀式」映像拡散で逮捕者も出る

  7. ストリートチルドレンをユネスコが支援するのはたったの40カ国

  8. なんてこった!移民の生徒を拒否するアメリカの理不尽な理由

  9. 【スクープ】ネパール地震被災で子どもたちがイギリスに奴隷として売られてる

  10. 白髪交じりの新郎に嫁ぐ12歳のウエディングに観衆が猛抗議

  11. こどもホームレスの出席率93%の学校、その驚くべき理由!

  12. 生徒の作文で生徒達の生活苦を知った教師、ツイッターで寄付募る

  13. 世界をつなぐ子どもたちの笑顔と歌、大人も見習いたい!

  14. 10歳でミシンを操る男の子、ホームレスに洋服をプレゼント

  15. この子覚えてる?マクドナルドの灯りで勉強する少年に奨学金決定

おすすめ記事

PAGE TOP