保育園

米国の保育園不足は日本より深刻、キャリアもあきらめる母親たち

Image by PIXABAY

アメリカの保育園不足は深刻な状況となっている。マリアンヌさんが保育園に申し込んだのは、妊娠4ヵ月の時。息子サイモンくんはすでに10ヵ月。アシュビルの若い夫婦にとって、保育園不足は深刻で危機的状況である。

保育園の空きはわずか1%

アシュビルの子どもの受け入れ枠は7981人。空きはわずか1%という。多くの乳幼児を抱える親たちは、州の認可保育園の空きが出るまで通常1年半から2年待ちだ。アシュビルのYWCAの保育園では、乳幼児の定員20人に対し95の家族が空きを待っている状態だ。

行政の補助金もカット

この状態に追いうちをかけるように昨年、これまであった低所得者への州の補助金がなくなり、非営利団体が運営する放課後のプログラムが値上がりをした。YWCAの月の保育料は、224ドルから360ドルに上がった。経営が成り立たないと判断した小さな施設は閉鎖に追い込まれた。少なくても3カ所は定員を削減し、合計176人の枠が消えた。新規の施設が開設する予定はないし、定員を増やす所もない。危機的状況を超越していると言われている。

大学よりも高い保育料

今、親たちが払う子どもの保育料は大学の学費よりも高い状況となっている。費用を払えない場合には、キャリアのある女性の多くがキャリアをあきらめざるを得ない状況だという。さもなければ、認可外施設などに預けることになる。

乳幼児の保育料にかかる費用は、一年間で700ドルから1300ドル、日本円で最大約130万となり年収の30%を超える。この問題は、アシュビルだけの問題ではない。保育施設の空きを待っている親は現在州全体で35000人にものぼる。

受け入れ枠はなかなか増えない

乳幼児の生まれて最初の2000日は、教育面でとても重要な時期であることから、各保育施設ではできるだけ枠を拡げる努力をしているようだが、現実的に受け入れ不足は解消できていない。

インドから移住した夫婦

こんなことだとは知らずにインドから移住した夫婦は、5歳の子どもと産まれたばかりの乳児の二人の子どもを持ち、会社が住まいまで用意してくれ、アメリカンドリームを夢見て来た。

ところが、子どもを預けるところがないということがわかり愕然としたという。いくつもの保育所へ電話をかけまくったが、結局見つからず、個人のベビーシッターを雇った。ベビーシッターが体調を壊し急遽休みになったり、車が故障して来れないなど信頼できない。時間単位で支払って預ける託児所に預けるなどしながら仕事を続けたというが、費用も莫大にかかりアメリカンドリームは、早々に打ち砕かれたということである。

仕事を続けるために苦労する夫婦たち

仕事を続けるために子どもを預ける高額な費用など捻出できない夫婦は、昼間と夜を交代で働くことでどちらかが子どもの面倒を見るという。ほとんど家族の寛ぐような時間はない。産休の期間を延長して保育園の空きを待つ母親も多く、キャリアを捨ててしまうことになるケースもあるという。

日本だけでなかった保育園不足

アメリカがこんなことになっているというのは驚きである。アメリカでは女性が社会で活躍するのは一般的なことであり、日本は女性の社会進出が遅れていたことで、日本の保育園不足の問題が今になって発生しているのだろうと勝手に想像していたが、どうやらそういうことではなさそうだ。行政の資金不足や保育職員の低賃金による人材不足など、基本的な原因は日本と同じようなものだ。むしろより深刻だとも言えそうだ。

Source: citizen-times

Sponsored link

Sponsored Link

おすすめ記事

  1. pregnant woman
  2. Lakeside school
  3. image by pixabay
  4. child-genius
  5. Image by PIXABAY
  6. kids-santa-craft
  7. Image by craftymorning
  8. asymmetric-kids-art-display-bhg
  9. original
  10. sunny
PAGE TOP