EDUCATION スクール

お受験社会の韓国、外国人英語教師が激減し英語のレベルもダウン

韓国のヘラルド経済によると、韓国国内の、ネイティブの英語の教師がどんどん減っているという。その背景には、教育予算が足りないということがあり、この5年間に42%も減っているというのだ。

英語圏からの教師がほぼ半分に

教育の行政のデータによると公立の学校にいるネイティブの英語教師の数は、2012年には8,520人いたが、2016年度は、4,962人に減っている。凄まじい減り具合だが、最も減少が大きかった高校では68.7%の減少。中学で55.3%、小学校で29.6%の減少幅となっている。

 

photo by pixabay

photo by pixabay


減少の理由は、やはり国の予算

ソウル教育協会の役人にヘラルド経済の記者が取材したところ、現在、国の教育予算は、乳幼児の保育や教育施設の充実に向けられていることで、英語教育への予算がカットされている。また、高校では、英語の教育よりも大学受験に力を入れているということである。英語教育に力を入れたい保護者は、個人での大きな負担を余儀なくされているとのことだ。

韓国では、2012年までは各公立校には少なくても1人のネイティブの英語教師を採用することをポリシーにし、予算をかけてきた。昨年1年間で5.3億ドル(530億円)投資した。しかしながら、前年に比べ国別英語の能力ランキングは70ケ国中前年にくらべ3位後退し、27位という結果だった。

Koreaherald

Sponsored link

関連記事

  1. イギリスの小学校で騒然!給食費未納の子どもに給食を与えない?
  2. なんてこった!移民の生徒を拒否するアメリカの理不尽な理由
  3. 理不尽すぎる「アフロヘアー禁止!」の校則に抗議する女子高生達
  4. フィンランド、学力世界一の理由は「教師の高待遇」は本当か?
  5. スペイン12,000校の保護者、宿題が多すぎるとストライキ!
  6. 8歳の少年、ランチ代がない友達のために始めた募金活動が見事
  7. 中国の中学校で校長が優秀な生徒をデイナーに招待して波紋を呼ぶ
  8. インドの保育園、突然の入園年齢制限に現場が大混乱
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP