EDUCATION スクール

インドの保育園、突然の入園年齢制限に現場が大混乱

インドの保育園は、2015年からは3歳からしか入れなくなった。初等教育が始まる前に行くところは、ナーサリーやプリスクールまたはプレイスクールと呼ぶ。これまでは2歳半から入れるのが一般的だったが、新学期が始まる直前に政府が入学できる年齢を3歳からと変更したのである。突然の国の発表は現場に混乱をもたらした。

国の発表が遅すぎ

あるプリスクールの案内では、2.5歳からの受け入れという表記を変更する余裕もなかった。

インドでのプリスクールの始業時期は、毎年2月ー3月であり、入学申込みは前年の9月ごろに行われる。しかし、インド政府が発表したのは年明けだったのだ。

私立のスクールでは、実際に政府の規定に合わすことは困難ではないかと懸念する声もあった。

ある校長は、政府はもっと早くに発表するべきで、各スクールが、入学案内の準備を余裕をもって進められるようにするべきであったと語った。

翌年には今度は上限も

突然の入学適正年齢変更から1年、インド政府は新たな規制を提案し始めた。今度は、プリスクールに入れる年齢を4歳までとする上限の制限であった。

2015ー2016年には、最低年齢の制限をおこなったが、上限がなかったためである。

そこまで管理する必要があるのだろうか。年齢制限よりももともと正しい年齢管理が行われているのかどうかが疑問である。
Source.indiaexpress

Sponsored link

関連記事

  1. 学力向上のため始業時間を遅らす学校続出、しかし問題点山積み
  2. ミッション系男子校、厳しい保護者へのメッセージに賛否両論
  3. トランスジェンダーの子どもたちは、トイレの男女用を選択できる
  4. たった20人しか学校に行っていなかったコンゴのダイアモンド村
  5. 中国の中学校で校長が優秀な生徒をデイナーに招待して波紋を呼ぶ
  6. 意味があるのか右脳教育、世界中で波紋を呼んでいる教育ビジネス
  7. 8歳の少年、ランチ代がない友達のために始めた募金活動が見事
  8. 理不尽すぎる「アフロヘアー禁止!」の校則に抗議する女子高生達
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP