POVERTY 貧 困  

北九州に心温まる100円の子どもカレー屋さん登場!

北九州では子ども食堂が盛んで、片親の子どもや食事をきちんと取れない家庭の子どもを支援する輪が以前から強い地域でしたが、今度は民間のカレーレストランが支援の手を差し伸べるという心温まるお話です。

Santa Claus Tei

Santa Claus Tei

 

100円で子どもたちにカレーを提供するカレー屋さんは、サンタクロース亭という名前のお店。もともとは300円のカレーだが、子どもたちが公園のお掃除や店内のお片づけを手伝うと200円のチケットがもらえるというシステムだ。

オーナーは、片親の保護者を支援したいという思いもあり、店内で働くスタッフの多くはシングルマザー。飲食店だが、夜遅く働く必要がないように9時から5時までの勤務となっている。そのため、お店が開く時間は1日3時間のみという。他の時間は片づけや仕込みの時間ということだ。

子どもたちが100円で食べられるのは毎週土曜日。オーナーは、もっともっとこのような子どもたちやシングルマザーを助けるようなお店を増やしたいと考えており、フランチャイズで運営に参加するオーナーを募集中だ。

Source: nishinippon(西日本新聞)

 

Sponsored link

関連記事

  1. 大人よりも子どもの貧困の数が多いことが判明、ユニセフ2016
  2. 保育園の手遊び歌「どうぶつ編」子どもと一緒に歌ってみよう!
  3. 生徒の作文で生徒達の生活苦を知った教師、ツイッターで寄付募る
  4. 8歳の少年、ランチ代がない友達のために始めた募金活動が見事
  5. この子覚えてる?マクドナルドの灯りで勉強する少年に奨学金決定
  6. インド「泣きじゃくる児童婚の儀式」映像拡散で逮捕者も出る
  7. 東日本被災地で母と子を温かく支援し続ける団体「マザーリンク」
  8. ストリートチルドレンをユネスコが支援するのはたったの40カ国
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP