POVERTY 貧 困  

北九州に心温まる100円の子どもカレー屋さん登場!

北九州では子ども食堂が盛んで、片親の子どもや食事をきちんと取れない家庭の子どもを支援する輪が以前から強い地域でしたが、今度は民間のカレーレストランが支援の手を差し伸べるという心温まるお話です。

Santa Claus Tei

Santa Claus Tei

 

100円で子どもたちにカレーを提供するカレー屋さんは、サンタクロース亭という名前のお店。もともとは300円のカレーだが、子どもたちが公園のお掃除や店内のお片づけを手伝うと200円のチケットがもらえるというシステムだ。

オーナーは、片親の保護者を支援したいという思いもあり、店内で働くスタッフの多くはシングルマザー。飲食店だが、夜遅く働く必要がないように9時から5時までの勤務となっている。そのため、お店が開く時間は1日3時間のみという。他の時間は片づけや仕込みの時間ということだ。

子どもたちが100円で食べられるのは毎週土曜日。オーナーは、もっともっとこのような子どもたちやシングルマザーを助けるようなお店を増やしたいと考えており、フランチャイズで運営に参加するオーナーを募集中だ。

Source: nishinippon(西日本新聞)

 

Sponsored link

関連記事

  1. 不法入国で拘束された7歳の少女、留置所に15日間の胸が痛い話
  2. ストリートチルドレンをユネスコが支援するのはたったの40カ国
  3. 10歳でミシンを操る男の子、ホームレスに洋服をプレゼント
  4. カンボジアの孤児院で3日間ボランティアした話
  5. 子どもの教育・キャリア支援「カタリバ」に企業が続々コラボ
  6. 待機児童が突然ゼロに!保育園は閑散、失業続出の街カルガリー
  7. 結婚式に呼ばれた13歳の少女、実は本人が花嫁だった悲劇
  8. 北欧のもう1つの難民問題「児童婚」妊娠中の妻は14歳の少女
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP