HEALTH 障がい 

192キロの世界一太っている少年、呼吸もままならずダイエットを決意

インドネシアのアリヤ・パーマナくんは、10歳にして192キロの体重という世界一の太った少年だ。もはや着れる服はなく布をまとっているだけである。彼はいま、ダイエットと格闘している。

呼吸がしずらく息切れしてしまったり、歩行もままならないなど命の危険があるとしてダイエットを開始した。

fattest boy 4

これまでの食事は、1日5回、食べる量も普通の大人の倍の量であった。単純にいえば1日10食食べていたことになる。弟がいるが、弟は普通の体型だ。

母親は、アリヤの身体を心配し、いまはブラウンライス(玄米)とフルーツしか与えていない。これまでは、ご飯に魚、肉、野菜スープや大豆で作ったパテなど大人2人分をペロリと平らげていた。

母親が与えないと泣きわめいてどうしようもないため与え続けたという。

アリヤの父親は農家で、得る収入は年間180ドルという経済的に厳しい一家だ。本来なら命の危険なレベルまで太ってしまった息子を病院に入院させて治療したいところだが、そんな余裕はないという。

fat boy1

fattest boy 5
アリヤは、8歳まではそこまで太っていなかった。9歳から急に太りだし、歩くのもままならなくなった。数歩歩いただけで、からだのバランスが崩れて転倒しそうになる。学校に行くのもあきらめ、いまは、食べているか横になっているかまたは、水浴びしているか、24時間母親が付き添う生活だ。
fattest boy 7
アリヤの身体を心配する両親は、医者にアリヤの身体を診てもらったが、健康には何も問題がないということであった。両親は、アリヤが普通の子どものように学校に行けるようになることを祈っている。アリヤは、学校に通っているときは成績はいつもトップだったとのこと。担任教師によると、物覚えもよく素直で良い生徒だという評価だ。今のところダイエットを始めて192キロから188キロまで落ちたとのことだ。

&

Sponsored link

Source;bbc、khaleejtimes

関連記事

  1. アスペルガーの少年の母が激怒、お金が足りずランチ捨てられた
  2. 世界中の子どもを整形手術で救うアメリカのNPO法人
  3. アメリカ、親のいない子どもホームレス激増の実態
  4. フィリピンの児童労働、子どもたちの命を危険にさらす最悪な環境
  5. カンボジアの孤児院で3日間ボランティアした話
  6. たった20人しか学校に行っていなかったコンゴのダイアモンド村
  7. 精神障がいの女性が子どもを産んだらその子はどう育つのだろう
  8. 北欧のもう1つの難民問題「児童婚」妊娠中の妻は14歳の少女
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP