BULLY いじめ 虐 待

恐ろしい韓国の学校内暴力といじめ、苦しむ若者の実態

ぼくは学校に行くのが怖い。ぼくは勉強もできないし、誰にも好かれていない。学校に行くくらいならいっそのこと死んでしまいたい。でも親のこと考えるとできない。

告白したK君は中学一年、クラスメイトにいじめられてきた。所持品を取られたり口頭でのいじめは月日を追うごとに激しくなっていった。

誰にも打ち明けられず、うつ状態になり進級もできずとうとう当校拒否になった。親に注意され逆ギレを起こし暴力を振るうようになった。

いじめられたことのある子は1割を超える韓国

韓国国内の調査によると2012年において、5,540人中12%の生徒がいじめられた経験を持ち、さらにいじめたことがあるのは12.6%。いじめられた経験のある生徒のうち4割は、いじめの内容が耐えられないほどに悲惨だったと答えた。

また、韓国政府の教育省が4.5万人に対し行った調査では、いじめの63.6%は学校の時間内におきており、50%は教室内で休憩時間に行われているとのこと。いじめの理由は特別な理由はなくただ単に面白半分だという。

いじめを苦に自殺する若者続出

CNNの発表したことによると、韓国の若者の自殺率はとても高く、2001年から2011年の10年間に57%増えたとのことだ。その自殺の原因の約6割は、いじめを苦にしてのことだという。いじめをうけた経験のあるもの31.4%は自殺を試みたり自殺を考えたことのあるという。

なぜに韓国ではいじめや自殺が多いのか。加熱する受験戦争や経済不況などさまざまな要因があり、政府も対策に取り組んでいるようだが、解決するのは簡単ではなさそうだ。

 
teenink

Sponsored link

関連記事

  1. 子どもの奴隷労働、チョコレート会社が訴訟になっても増加の一途
  2. 理不尽すぎる「アフロヘアー禁止!」の校則に抗議する女子高生達
  3. モンテッソーリ教育をうけた子どもは普通の子どもより学力が高い
  4. お受験社会の韓国、外国人英語教師が激減し英語のレベルもダウン
  5. モンテッソーリ教育を支持する親は『教育ママ』?『ゆるママ』?
  6. トランスジェンダーの子どもたちは、トイレの男女用を選択できる
  7. 中国の中学校で校長が優秀な生徒をデイナーに招待して波紋を呼ぶ
  8. 英語の手遊び歌「Baby BumbleBee 」歌ってみよう
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP