POVERTY 貧 困  

【スクープ】ネパール地震被災で子どもたちがイギリスに奴隷として売られてる

03_03215918_0fec60_2777826a

ネパール地震発生から約1年。被災した子どもたちが密売人によってイギリスに家政婦として人身売買されているというスクープ記事がイギリスのタブロイド紙thesundailyに掲載された。

記事によると、thesundailyの調査班はひとりの密売人の男に接触した。その男の名はMakkhan・Singh。ムッカン(Makkan)は、調査班の前に子どもたちを一列に並べ、「自分たちはイギリスにこいつらを送り込んできた。イギリスにネパール人を連れて行くがいい。彼らはいい家政婦になる。家事もうまいし料理もうまいよ。」と告げたという。

調査班は、インドのジャランダルというネパールとの国境に近い都市で調査を始めた。その都市は黄金寺院とも呼ばれるインド、パンジャーブ州のシーク教の総本山のハリマンディル・サーヒブから約80キロに位置する。

本当に子どもを売るネパール人がいるのか

巨大地震がネパールを襲った結果、9000人もの犠牲者が出た。密売人の男マッカンによると、多くはネパールとの国境の都市ジャランダルに逃げ込んだ。しかし彼らの多くは一文無しのホームレスになった。仕事を探そうと都市に向かう途中に多くの子どもを抱え、食べさせることもできず子どもを密売人に差し出すことになったという。

ムッカンは約80万円という金額で売買し、子どもたちをしばらくの間インドにある家に閉じ込めトレーニングを行いつつイギリスに連れて行くための書類の手続きを進めるのだと語った。

02_03215918_be2ff2_2777825a

密売人の男 マッカン

密売交渉現場の様子

調査班のひとりはイギリスから来た客を装い、イギリスにいる年老いた母と病気の妻の面倒を見る家政婦を探すシーク教信者であるとし密売人に接触した。密売人の男ムッカンが接触の場所に指定したのは、周りに気付かれないような静かなお寺であった。

密売人の男マッカンはモーターバイクで現れた。撮影されていることには気づいていない。

マッカンは、一人500,000ルピー。最初の3年間は国内でトレーニングをしてから連れて行けばそのうちに書類の手続きが完了するはずだと告げた。500,000ルピーとは、日本円にすると約80万円だ。記事は金額について、牛一頭と同等の額だと記述している。この金額でネパールの被災者の子どもたちだけでなくこれまでもインドの貧しい家庭の子どもたちが人身売買されてきているという。

調査班がもう一度マッカンに、本当にイギリスに子どもたちを送り込んできたのかと尋ねた。マッカンは「もちろんさ。手続きは書類を作るのに少し時間がかかるだけだよ。すぐには連れて行くな。3年は国内においておけ。」「取引はあなたがお金を払うだけだ。私はあなたのこと知らないしあなたも私のこと知らないし、二度と会わない。」と語った。

その後、改めて別の日にマッカンが子ども達を連れてきた。3人の子どもを目の前に並べ一人一人に自己紹介させた。12歳と13歳の子ども達だった。

マッカンが子ども達に「この人のためにいつでも働き始められるか?」と叫ぶような大きな声で聞いた。子ども達は”Yes Sir”と答えたという。

マッカンが連れてきた3人の子どもたち 

マッカンが連れてきた3人の子どもたち

マッカンがさらに語ったのは10歳未満の子どもは親から離れることができず泣くし、仕事もできないから仕事してほしいなら勧めない。また、8年間にわたり子どもの密売人をやってきたことを自慢し、とにかく先に金を払うように告げた。

マッカンは、価格交渉には応じなかった。お金は子ども達の親に払ったりするから一銭もまけられないとのこと。他に20人もの客が待っていて、交渉は5分から10分で成立するのが一般だと語った。

「決めてお金を払ってくれ。そしたらあなたは自由に子どもを手に入れて連れて行ける」といった。

調査班の男は、理由をつけてドライバーとともにその場を去った。

ネパール政府が調査に動くと発表

この報道から数日後、ネパール政府が実態の調査に乗り出すと発表した。ネパール地震における子どもの被災者数は、被災がもっとも激しかった14地区で39,300人と見られており、そのうち親や身寄りのない子どもは1,000人以上いるとのこと。これらの子どもたちは各地の施設に引き取られており、 ネパールでは地震による被災者が子どもたちをインドに勉強のために送り出しお坊さんにしようとする動きがあるというが、人身売買されているという情報は政府には届いていないそうだ。

イギリス政府もまた警察に調査を依頼したとのこと。

ネパールでは昨年のネパール地震発生後、子どもの人身売買を防ぐために国内でも国外でも子どもの養子縁組を禁止した。

10代の子どもが売買され奴隷として無給で働かせられるという現代では考えられないこと。密売人が語ったことが本当なら胸が張り裂けそうなくらい辛い話です。

Source:thesundailythesundaily 

Sponsored link

関連記事

  1. poverty アメリカ、親のいない子どもホームレス激増の実態
  2. Nine-year-old homeless boy Daniel Cabrera (C) does his homework on a pavement in Mandaue City, central Philippines. (AFP Photo) この子覚えてる?マクドナルドの灯りで勉強する少年に奨学金決定
  3. CHILD BRIDE 白髪交じりの新郎に嫁ぐ12歳のウエディングに観衆が猛抗議
  4. photo credit : screenshot on video by globalnews 待機児童が突然ゼロに!保育園は閑散、失業続出の街カルガリー
  5. children in philippines フィリピンの児童労働、子どもたちの命を危険にさらす最悪な環境
  6. A boy sawing clothes 10歳でミシンを操る男の子、ホームレスに洋服をプレゼント
  7. india-child-marriage インド「泣きじゃくる児童婚の儀式」映像拡散で逮捕者も出る
  8. by wemakeit ストリートチルドレンをユネスコが支援するのはたったの40カ国
Sponsored Link

おすすめ記事

  1. pregnant woman
  2. Lakeside school
  3. image by pixabay
  4. child-genius
  5. Image by PIXABAY
  6. kids-santa-craft
  7. Image by craftymorning
  8. asymmetric-kids-art-display-bhg
  9. original
  10. sunny
PAGE TOP