BULLY いじめ 虐 待

速報!! あのレオ君が2015年度、英国アカデミー賞を受賞!

レオ君のドキュメンタリー「I am Leo」が今年度の実写部門で英国アカデミーチルドレン賞を受賞しました。

レオ君といえば、女の子に生まれ、性同一障害を母と共に乗り越えた少年。一昨年の秋にイギリスCBBCテレビでドキュメンタリー番組「I am Leo」が放映され、レオ君のポジティブな生き方が性同一障害に悩む子どもたちを励ましました。

受賞が発表されステージに向かうレオ受賞が発表されステージに向かうレオ

照れながら喜びの挨拶をするレオ

受賞シーンの動画はこちら

レオ君のあいさつ内容(日本語訳まとめ)

『このような賞にノミネートされ、このような機会を与えてもらったことに感謝したい。ドキュメンタリー撮影の際の数カ月間自分を励ましサポートしてくれた関係者(Nine Live メデイア 特にキャット ルイス氏)にも感謝したい。そして、私のかたわらで常に前向きに私を信じて支えてくれた母にも感謝したい。』

いまレオ君は、同じような悩みを抱えるたくさんの子どもたちからの問い合わせに忙しい日々を送っているとのことです。同じような悩みを抱える子どもたちが、周囲のいじめや偏見に負けてしまわないように支えたいというレオ君のような存在はとても大きいものです。

 

Sponsored link

関連記事

  1. フィリピンの児童労働、子どもたちの命を危険にさらす最悪な環境
  2. 二つの学校に通う少女、親の離婚がもたらす子どもの苦悩
  3. 7人目にやっと生まれた女の子、6人の兄の心温まるメッセージ
  4. 同じ学校に通うLGBTの少年、サイバーいじめと脅迫被害を告白
  5. 意外に遅れているアメリカのトランスジェンダーKIDS対策
  6. 10代のうつ病薬利用急増の国は、子育て環境人気No.1の北欧
  7. ヒラリー夫人もメッセージを送ったLGBTを思い悩む少年の画像
  8. 不法入国で拘束された7歳の少女、留置所に15日間の胸が痛い話
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP