HEALTH 障がい 

チャイルドシートに警告、冬のジャケットコートは要注意!

冬の間、車が暖まるまでの間座席のシートの冷たさと内部の空気の冷たさは結構辛いものです。厚手の冬のコートを脱いで乗り込むには勇気が必要ですが、コートを着たまま乗ることがとても危険だということはご存知でしょうか。

子どものジャケット、コートも危険!

下の写真は、ジャケットを着たままチャイルドシートを装着した場合です。ごく普通のことに見えますが、2番目の写真をご覧ください。ジャケットのかさ張っている分がこんなにあるんです。この分だけシートベルトがゆるんでいるということになり、衝撃を受けた時には子どもの胴体は浮き上がってしまうというのです。

coat

coat2

ウィキペディアでも危険な行為と説明
SNSで警告している方がいましたが、ジャケットを着たままチャイルドシートを装着することは危険であることは、ウイキペディアでも語られています。

ご覧いただく通りかなりの長さがジャケットに取られるのがわかります。

CHILD CAR SEAT

正しいチャイルドシートの設置を!

チャイルドシートは、6歳になるまでの子どもに義務付けられています。助手席に設置するのは基本禁じられており、エアーバッグの衝撃で吹き飛ばされるということで、助手席に設置せざる負えない場合は、エアーバッグにロックをかけなければなりません。

シートは10Kg未満の乳児用と13Kgまでの幼児用とがあり、それ以上の児童用というのもありますが6歳以降は義務付けられてはいません。乳児用は、衝撃を少しでも緩和するように横向きまたは後ろ向きに設置することになっていますが、ちょっとした買い物などには子どもを忘れて置き去りにする事故が発生し、夏場には車内の温度が上昇し赤ちゃんが亡くなるという事故も発生しており注意が必要となっています。

ついついチャイルドシートがあれば安心しがちですが、使い方によっては全く安全が機能しないということなのです。正しく使って子どもの安全を確保しましょう!

Source: mirror ukwikipedia

 

Sponsored link

関連記事

  1. シアトルでもトランジェンダーのトイレをめぐり大規模デモ行進
  2. IQの高い子にしたいなら母乳は最低でも6ヶ月間以上与えよう!
  3. 欧州各紙が一斉に報道、最も子どもが不健康な国スコットランド
  4. ヒラリー夫人もメッセージを送ったLGBTを思い悩む少年の画像
  5. 精神障がいの女性が子どもを産んだらその子はどう育つのだろう
  6. 10代のうつ病薬利用急増の国は、子育て環境人気No.1の北欧
  7. アスペルガーの少年の母が激怒、お金が足りずランチ捨てられた
  8. 東日本被災地で母と子を温かく支援し続ける団体「マザーリンク」
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP