EDUCATION スクール

成績のいい女子が小学5年生で立ち向かう壁、心理学者が明かす

女子は、男子に比べ早熟です。出来て当たり前と思っている女子は、勉強の内容が高度になる5年生くらいになると、わからないことに絶望し男女が逆転する傾向があるとのことです。

心理学者ハイジ博士(Heidi Grant Halvorson, Ph.D.)によると、社会で成功する女性は、男性社員よりも飛び抜けたパフォーマンスを見せることが要求され、特に男性が活躍する職業においては体力的に不利な状況にあり、存在価値も低く見られ、給与も低いのは当たり前のこととして認識されています。

しかしながら、優秀な能力のある女性はみんな、成功のために超えるべきハードルに気がついていないというのです。成績の優秀な女子生徒は、小学五年生ごろになると難しい問題に直面し困惑するのだそうです。出来て当たり前であるという固定観念が邪魔して、分らないからもう仕方がないとあきらめてしまうといいます。

grils smarter than boys till..

photo by 12sobersteps.com

一方、男子生徒の場合は、常に教師や親に助けてもらいながら成長してきたために、難しい問題に直面してもチャレンジすることをいとわないのだそうです。女子生徒は、能力は普遍的で出来ないということが起こることはないと考えがちですが、それは間違った考え。能力は努力によって向上し続けるものであり、女子は、自信を取り戻すために挑戦することを忘れてはいけないとのことです。

SOURCE: psychologytoday

 

Sponsored link

関連記事

  1. お受験社会の韓国、外国人英語教師が激減し英語のレベルもダウン
  2. 子どもの教育・キャリア支援「カタリバ」に企業が続々コラボ
  3. ケニアの高校生が集団で逮捕、バスの中の驚きの非行とは
  4. イギリスの小学校で保護者が悲鳴!こどもたちの給食から豚肉が消える…
  5. 学力向上のため始業時間を遅らす学校続出、しかし問題点山積み
  6. カナダの学校がイスラエル出身者の入学を拒否!人種差別と大騒ぎ
  7. ミッション系男子校、厳しい保護者へのメッセージに賛否両論
  8. 英語の手遊び歌「Baby BumbleBee 」歌ってみよう
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP