EDUCATION スクール

生徒の作文で生徒達の生活苦を知った教師、ツイッターで寄付募る

アメリカのコロラド州にある小学校3年の担任教師であるシュワルツさん(Kyle Schwartz)は、子どもたちに出した宿題を通して、子どもたちの家庭の経済状況が悲惨であることを知りました。そこで、なんとか救ってあげられたらと、その内容をツイッター#IWishMyTeacherKnewに公開し寄付を呼びかけました。

 

「先生が知ってたらいいな。」という文に続けて文章を作るものだったのですが、生徒が提出したその文の内容があまりにも切ない内容だったというのですが、生徒たちのメッセージとは、次のような内容です。

student message
「家に鉛筆がないので、宿題を家でできないです。」

 

student letter2
「ママがほとんど家にいないから、読書のノートに親の確認サインがもらえないです。」

 

student wish2
「3歳のときに、パパが戦争でメキシコにいって依頼ずっと会えなくてさびしいんです。」

 

student letter3
「いっしょに遊んでくれる友達がいません。」

担任の教師シュワルツさんがメデイアの取材に答えたことよると、この学校の生徒92%は、親の経済状況により、学費の免除や給食費の減額などの配慮を受けていますが、それでもなお生活が厳しい状況だということに衝撃を受けたとのことです。

SOURCE: scarymommyabcNEWS

 

Sponsored link

関連記事

  1. ネパール地震の復興で子どもにのし掛かる激しい肉体労働
  2. 大人よりも子どもの貧困の数が多いことが判明、ユニセフ2016
  3. アーカンソー州の小学校で保護者がクレーム、先生だけが悪い?
  4. 「残さず食べなさい !」は禁断のしつけ、米国の研究者発表
  5. 子連れ難民がドイツに行きたい理由は、寛容な教育受け入れ体制
  6. 小児愛容疑者逮捕でキャンプ場閉鎖、子どもより親がっかり
  7. 北九州に心温まる100円の子どもカレー屋さん登場!
  8. マレーシアの学校が日本の給食当番を絶賛!人間形成にも役立つ
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP