EDUCATION スクール

生徒の作文で生徒達の生活苦を知った教師、ツイッターで寄付募る

アメリカのコロラド州にある小学校3年の担任教師であるシュワルツさん(Kyle Schwartz)は、子どもたちに出した宿題を通して、子どもたちの家庭の経済状況が悲惨であることを知りました。そこで、なんとか救ってあげられたらと、その内容をツイッター#IWishMyTeacherKnewに公開し寄付を呼びかけました。

 

「先生が知ってたらいいな。」という文に続けて文章を作るものだったのですが、生徒が提出したその文の内容があまりにも切ない内容だったというのですが、生徒たちのメッセージとは、次のような内容です。

student message
「家に鉛筆がないので、宿題を家でできないです。」

 

student letter2
「ママがほとんど家にいないから、読書のノートに親の確認サインがもらえないです。」

 

student wish2
「3歳のときに、パパが戦争でメキシコにいって依頼ずっと会えなくてさびしいんです。」

 

student letter3
「いっしょに遊んでくれる友達がいません。」

担任の教師シュワルツさんがメデイアの取材に答えたことよると、この学校の生徒92%は、親の経済状況により、学費の免除や給食費の減額などの配慮を受けていますが、それでもなお生活が厳しい状況だということに衝撃を受けたとのことです。

SOURCE: scarymommyabcNEWS

 

Sponsored link

関連記事

  1. 非合法な児童労働による生産品は、私たちの身の回りに溢れている
  2. 成績のいい女子が小学5年生で立ち向かう壁、心理学者が明かす
  3. 学力向上のため始業時間を遅らす学校続出、しかし問題点山積み
  4. 「殺人鬼レベル」中国の学校の体罰が激しすぎるとネットで大騒ぎ
  5. なんてこった!移民の生徒を拒否するアメリカの理不尽な理由
  6. 8歳の少年、ランチ代がない友達のために始めた募金活動が見事
  7. 中国の中学校で校長が優秀な生徒をデイナーに招待して波紋を呼ぶ
  8. 子どもをポジティブで優しい性格に育てるための7つのヒント
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP