EDUCATION スクール

生徒の作文で生徒達の生活苦を知った教師、ツイッターで寄付募る

3rd Grade classroom

アメリカのコロラド州にある小学校3年の担任教師であるシュワルツさん(Kyle Schwartz)は、子どもたちに出した宿題を通して、子どもたちの家庭の経済状況が悲惨であることを知りました。そこで、なんとか救ってあげられたらと、その内容をツイッター#IWishMyTeacherKnewに公開し寄付を呼びかけました。

 

「先生が知ってたらいいな。」という文に続けて文章を作るものだったのですが、生徒が提出したその文の内容があまりにも切ない内容だったというのですが、生徒たちのメッセージとは、次のような内容です。

student message
「家に鉛筆がないので、宿題を家でできないです。」

 

student letter2
「ママがほとんど家にいないから、読書のノートに親の確認サインがもらえないです。」

 

student wish2
「3歳のときに、パパが戦争でメキシコにいって依頼ずっと会えなくてさびしいんです。」

 

student letter3
「いっしょに遊んでくれる友達がいません。」

担任の教師シュワルツさんがメデイアの取材に答えたことよると、この学校の生徒92%は、親の経済状況により、学費の免除や給食費の減額などの配慮を受けていますが、それでもなお生活が厳しい状況だということに衝撃を受けたとのことです。

SOURCE: scarymommyabcNEWS

 

Sponsored link

関連記事

  1. image by Get Real: Cambodia's Orphanage Tourism on channel news asia カンボジアの孤児院で3日間ボランティアした話
  2. shutterstock_171003107 カルフォルニアのスクール、予防接種していない子どもを家に戻す
  3. child studying 東日本被災地で母と子を温かく支援し続ける団体「マザーリンク」
  4. finland school 6 フィンランド、学力世界一の理由は「教師の高待遇」は本当か?
  5. us-army-51027-efmp-energizes-exceptional-education 絵本を読み聞かせると「子どもの脳」が活発に動くことが判明
  6. CHILD BRIDE 白髪交じりの新郎に嫁ぐ12歳のウエディングに観衆が猛抗議
  7. a-boy-who-donates-for-lunch 8歳の少年、ランチ代がない友達のために始めた募金活動が見事
  8. chocolate slave 子どもの奴隷労働、チョコレート会社が訴訟になっても増加の一途
Sponsored Link

おすすめ記事

  1. pregnant woman
  2. Lakeside school
  3. image by pixabay
  4. child-genius
  5. Image by PIXABAY
  6. kids-santa-craft
  7. Image by craftymorning
  8. asymmetric-kids-art-display-bhg
  9. original
  10. sunny
PAGE TOP