TALENT 才 能

アンナ・グレースマン、アメリカ最年少のシンガーソングライター

アメリカ、アラスカ州で生まれたアンナ・グレースマン。2009年からyoutubeに歌をアップしはじめ、2012年に9歳でデビューアルバムをリリースしました。2014年時点で自作の曲は60にものぼるというアメリカで最年少のシンガーソングライターです。

What A Wonderful World:
11歳のときのの力強さのある澄み渡る声

2013年アンナが11歳のときに「America’s Got Talent」に出場。小さな身体から湧き出る力強い歌声で観客を魅了しました。

2013年時点でアンナのyoutubeでのパフォーマンスへのアクセス数は、150万を超える人気となりました。

「America’s Got Talent」にて
観客と審査員を圧倒するパフォーマンス

アンナの才能は環境から開花
アンナの音楽の才能はどのようにして生まれ、開化したのか。そのヒントは育った環境にあるようです。アンナが3ヵ月のころに、母親はフラッシュカードで言葉を教え始め、1歳半ですでに多くのクラシックからモダンな曲まで歌詞を暗記できたというのです。

2歳では大勢の前で歌うことも難なくこなせ、4歳ではピアノを完璧に弾き、自作の最初曲を書いたのは6歳のとき。アンナによると、一家は裕福でなかったために、自宅の小型の車にはCDプレイヤーやラジオがなく、いつも母親が歌を歌ってくれていたので、ドライブは歌の時間だったと語っています。

14才の大人っぽくなったアンナ
現在はテネシーに居を移し、本格的に作曲や音楽活動を行なっています。2014年アンナは「グレースマン」という3人のバンドを組みました。ずいぶん大人っぽい雰囲気、でもまだ14歳。今後が楽しみです。

Source: WIKIPEDIA

Sponsored link


関連記事

  1. アメリカの天才少女、驚異の記憶術はイマジネーション
  2. 小学生が教えてくれる手袋でつくる「うさぎ」に挑戦してみよう!
  3. 激歌うま少女「レキシー・ウオーカー」は国歌斉唱で引っ張りだこ
  4. オバマ大統領を感動させた少年の手紙、オムランくんを連れてきて!
  5. 逮捕された中学生の少年にオバマ大頭領から招待メッセージ届く
  6. 審査員に酷評を浴びても『 One Voice Children&…
  7. 驚異の天才絵描き少女「アリータ」1枚500万円の値がつく人気
  8. 子どもの教育・キャリア支援「カタリバ」に企業が続々コラボ
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP