EDUCATION スクール

ケニアの高校生が集団で逮捕、バスの中の驚きの非行とは

ケニアのカラティーナからナイロビに向かうバスに乗車していた高校生45人が警察に拘束されました。なんとバスの中で行われていたのは、喫煙・飲酒・マリファナ吸引などなど。

住民の通報で駆けつけた警察が見たもの

この日8月5日は、学校が夏休みに入るために、数多くの学校の生徒が乗り合わせて高速を通ってナイロビまで向かっていたとのことです。使用されていたバスは、ケニヤでおなじみのマタツというカラフルに塗られたミニバス。けたたましい音楽が外部まで響いていたために、不審に思った住民からの通報で警察が取り押さえに動いたのだという。

警察がバスの内部に入ったときには、タバコやマリファナを吸うものや性行為に夢中になっているもの、慌ててマリファナを下着の中に隠すものなど、まさに悪夢のような惨状だったとのことです。

取り押さえられた生徒は、その後保護者に引き取られ、マリファナを隠し持っていた少女は、裁判所からの処罰の用紙を受け取るまで勾留となり、バスを運転していたものと添乗していたものは、罰金を言い渡されたとのことです。

多くのコメントからは、一体親は何をしているのかという親のしつけを問う声が聞かれました。このバスでの出来事のバックには、多くの潜在化している問題がありそうです。

kenya student smoking

生徒の通う学校職員のインタビュー、ショックが隠しきれない様子

SOURCE: Kenya Satellite Networkstandardmedia

 

Sponsored link

関連記事

  1. 恐ろしい韓国の学校内暴力といじめ、苦しむ若者の実態
  2. インドの保育園、突然の入園年齢制限に現場が大混乱
  3. 女子校は女の子の将来にマイナスと唱える校長に批判殺到
  4. フィンランド、学力世界一の理由は「教師の高待遇」は本当か?
  5. 「残さず食べなさい !」は禁断のしつけ、米国の研究者発表
  6. フランス東部の学校給食、イスラム教の代替えメニュー禁止を発表
  7. たった20人しか学校に行っていなかったコンゴのダイアモンド村
  8. カルフォルニアのスクール、予防接種していない子どもを家に戻す
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP