POVERTY 貧 困  

この子覚えてる?マクドナルドの灯りで勉強する少年に奨学金決定

以前、フィリピンの9歳の男の子ダニエルくんが、マクドナルドの店舗からこぼれる路上の灯りで勉強する姿がメディアで紹介されました。その後なんと奨学金をもらえることになったのです。

紹介されたダニエルくんの猛勉強する姿

『「いすがなぃ。机がない。だいじようぶ。」ダニエル カブレラは、勉強すると決めた。

重要なら何とかしようとするかも、それか出来ない理由を言うかだ。』

Facebook

Facebook

 

ネットで拡散され有名になった
ダニエルくんが路上で懸命に勉強する姿を、たまたま通りかかった大学生が発見しフェイスブックで紹介したことで有名になりました。多くの人からの賞賛や贈り物が届き、とうとう地元の政治家が動いて奨学金がもらえることになったのです。

ダニエルくんの将来の夢は、警察官か医者になることですが、大学に進学するまで学費の心配はいらないのです。ダニエルくんは、病気で父親を無くし、さらにその後家を焼失し、母親と弟の3人で母親の働く食料品店に寝泊まりしているのです。

夜、灯りがないのでマクドナルドの路上にこぼれる灯りで勉強していたのです。フェイスブックでダニエルくんのことを知った人々からスタンド照明や文房具などいろいろなものが届けられたそうです。

将来のダニエルくんが楽しみです。

なんでも揃っているお部屋でコンピューターゲームに明け暮れている子どもたちに、ぜひ教えてあげたい。

Daniel Cabrera standing next to his mother Christina Espinosa in Mandaue City (AFP)

Daniel Cabrera standing next to his mother Christina Espinosa in Mandaue City (AFP)

SOURCE: independent.co.uk

Sponsored link

関連記事

  1. 世界をつなぐ子どもたちの笑顔と歌、大人も見習いたい!
  2. 子どもの教育・キャリア支援「カタリバ」に企業が続々コラボ
  3. 欧州各紙が一斉に報道、最も子どもが不健康な国スコットランド
  4. 【スクープ】ネパール地震被災で子どもたちがイギリスに奴隷として売…
  5. ストリートチルドレンをユネスコが支援するのはたったの40カ国
  6. 非合法な児童労働による生産品は、私たちの身の回りに溢れている
  7. 北欧のもう1つの難民問題「児童婚」妊娠中の妻は14歳の少女
  8. フィリピンの児童労働、子どもたちの命を危険にさらす最悪な環境
Sponsored Link

おすすめ記事

PAGE TOP